ダイエットに対して大きな効果を期待できる脂肪吸引

ウーマン

治療について

体重計

脂肪吸引の方法をお伝えする前に、脂肪が付くメカニズムを紹介します。通常、一つ一つの脂肪細胞が大きくなることで脂肪は膨らみます。「脂肪が付く」というのは新たな脂肪細胞が増加することではありません。既存の脂肪細胞が大きくなり脂肪全体の容量が増えることが、脂肪が付くと呼ばれる状態なのです。脂肪細胞が大きくなるには高カロリーの食事が用いられます。消費するカロリーよりも高いカロリーを摂取することで脂肪細胞は大きくなります。脂肪細胞が大きくなると肥満の状態となるため、大阪では多くの方がダイエットによりその状態を解消しようとします。
脂肪吸引は脂肪細胞を除去する方法を取るため、ダイエット以上に効果的な部分痩せが可能となっています。そのため大阪や全国のクリニックで多くの施術が行なわれ、多くの成功例が認められています。その方法には様々なものがあり、予算や部位によって異なる方法を用いることになるでしょう。以下にその一部を紹介します。
一つ目の方法は「チューメセント」と呼ばれるものです。この方法は、脂肪に特殊な薬剤を注入することで脂肪細胞を吸引するという内容です。薬剤の中には止血薬や麻酔薬が生理食塩水で薄められることで含まれており、身体への安全性が確保されています。この方法は、後にお伝えする様々な方法の元となっており、他の治療方法と組み合わせて使用することにより高い効果を発揮します。
チューメセントを進化させた方法として取り上げられるのは「ハイパーインフレート」と呼ばれる方法です。これは、薬剤を皮下脂肪層へ注入することで脂肪を浮かせるという吸引方法です。この方法と組み合わせて用いることが多いのが「PAL」という方法です。
続いてお伝えするのは「ベイザーリボ」と呼ばれる方法です。この治療方法にはカニューレという管が用いられます。カニューレを患部に挿入し、先端からベイザー波というエネルギーを送ります。それにより脂肪細胞を乳化させ、除去していくという方法です。また、ベイザーデフという方法もあります。これは、抽出した脂肪を身体の別の部分に用いることで全体的なシルエットを整えるという方法です。代表的な例としては、豊胸などが挙げられます。
脂肪吸引には、ここで紹介した方法の他にも様々なものが用いられます。そのどれもがダイエット以上の効果を発揮するものとして大阪や全国で愛用されています。ご自身で行なうダイエットに限界を感じたら、脂肪吸引による部分痩せを検討されてはいかがでしょう。大阪各地のクリニックでその治療は行なわれています。